読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの笑顔をおいかけて

どこまでも高く、輝ける夢へ

はじまりの日に、君とのはじまりを -菊池風磨くんの担当になります-

最初の印象は、私が大好きな人。を好きな人。

 

 

私の元担は、櫻井翔くんです。

嵐と共演したSexyZone初出演のMステも、嵐担として、リアルタイムで見ていました。

 

例のごとく全員年下フレッシュアンドフレッシュな5人組を見て、

「若い…!!」「まぶしい…!!」と慄いていて、そして、直感的に思いました。

 

 

『きっと、この5人は嵐みたいに時代を作るグループになる』

 

 

 

あれから、5年と5ヶ月。

 

 

2017年4月2日、私は大阪にいました。

Twitterで見る評判がとっても良くて、本当は横アリ1公演だけ入るつもりでしたが、

色々とご縁があって、大阪行きを決めました。まるで、導かれるかのように。

 

そこから、風磨くんを推すと決めたこの日のことはこちら。

 

 

yusz3.hateblo.jp

 

それからは、残してあった過去の雑誌を漁ったり、DVD借りて観たり、順調に沼に深く突っ込んでいくのですが、その中で、改めて考えるようになったこと。

 

 

 

私色んな人の「自担論」というのを聞くのが大好きなのですが、

じゃあ、私にとっての「自担」とはなんだろうか。

 

うちわを持ちたい人。

「自担」と呼びたい人。

お金をかけたいと思える人。

何があっても愛を捧げたいと思える人。

 

ひとりひとりその定義は違うと思います。

 

 

 

私には、「自担」がひとりいます。

それが、中間淳太くんです。

 

淳太くんを担当にしたいと思ったのは、

迷いなく信頼したいと思えたから。

この人の作り上げる未来を見たいと思ったから。

そして、その未来に、全力で賭けたいと思えたから。

 

 

私は、風磨くんの作る未来を、どう考えているだろうか?

 

 

 

そんな風に考えていた矢先の

4月10日、有吉ゼミ

 

 

激辛のコーナーみた瞬間に、衝撃をうけました。

 

こんなことを、言うような子だっただろうか。

 

泥臭くて、ばかみたいに後先考えなくって、でも、目の奥に燃える溢れんばかりの闘志が、あるような人だっただろうか。

 

そのときに、直感的に思ったんです。

私、この人の作る未来に賭けたいって。

風磨くんが歩んでいく先を、「担当」として見届けたいって。

 

 

あんまりこういうの勝ち負けで表現することじゃないけど、ああなんかもう、完敗だなって。

 

半年くらい前からかな、だって私、内心決めてたんです。

きっと、淳太くんが最後の自担だって。

 

それなのに、こんなたった1週間と少しで。

顔もどちらかといえば健人くんのほうが好みだし。しかもなにより年下だし。

「担当」はひとりとは決めていないけど、掛け持ちが向いてないのもわかってるし、ひとりに絞ったほうが苦しくないってわかってる。

でも、それでも。

 

 

私は、SexyZoneと菊池風磨くんの「担当」になりたい。

 

だから特別な今日この日に、私も菊池風磨くんの「担当」を始めたいと思います。

 

 

風磨くん、入所9周年おめでとうございます。

きっと他にも選べたはずのたくさんの道から、アイドルを選んでくれてありがとう。

決して平坦じゃない道のりを、それでも諦めずに走り続けてくれてありがとう。

悩み、もがいて、それでもずっとSexyZoneでいてくれてありがとう。

 

 

年下だからかわからないんですけど、淳太くんに対しては平気で言えるのに、風磨くんに対してはどうしてか恥ずかしくてなかなか言えなくて。でも今日だから言わせてください。

 

あーーーーーーーもうほんとに好き!!!!!!!!!!くやしい!!!!!!くやしいけど!!!でも風磨くんがすき!!!!!!!!!!だいすき!!!!!!!!!!!!!!!

 

ヒーーーーーーーーめちゃくちゃ恥ずかしい!!しんどい  でもすき…