読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの笑顔をおいかけて

どこまでも高く、輝ける夢へ

3度目に見た景色は“7人”がいた -ジャニーズWESTのこれからを追いかけたい-

※関東住みのため大阪マラソン、育ジャニについてはTwitterのレポメインで感じたことを書いています。ご了承ください。

大変遅くなりましたが、まずは淳太くん、濱田くん、神山くん、大阪マラソンお疲れ様でした!
大阪マラソンも育ジャニも放送のなかった地域ですが、有志たちのレポを見ながらとってもとっても感動しました(レポをツイートして下さった皆様本当にありがとうございます)。


私は今回を含めてこれまで3回、ジャニーズWESTを好きになりました。

1度目は2014年春、デビューの直前。関西Jr.どころか関東のJr.も詳しくなかったころ。
元々関西Jr.にB.A.D.というユニットがあることは知っていて*1、13年末のカウントダウンコンサートで重岡くん、小瀧くん、中間くん、桐山くんの4人がデビューを発表したときに、あの中の2人がB.A.D.だよと教えてもらって、へえ~そうなんだ!めでたいなあ!と純粋に祝福しました。
しかしそれから周りから色んなことを知って。7WESTと濱田くんの存在があること、デビューすると7WESTが実質の解体となってしまうこと。
Jr.事情に詳しくない私でも、もしこれが関東Jr.ならこんなことはきっと普通のことで時が解決するもの。だけど関西Jr.はまた事情が違うのかなあ、とぼんやり思っていました。
知識ゼロの外野がとやかく言っても仕方ない、でもデビューするなら何人だろうが応援しよう~とぬるい事務所DDのスタンスで眺めていました。

そして来たる2014年2月5日。ジャニーズWESTデビュー記念公演である「なにわ侍 ハローTOKYO‼︎」の初日。
なにわ侍の初日であることすら忘れていた私がなんとなくTwitterを開くと、そこには“7人でデビュー”の文字。…えっ!?

どういうことだこれは。なにが起きた。つまり全員でデビュー?
混乱しながら調べていくと、7人でデビューすることを諦めなかったこと、社長に直談判したこと、レポからの初日の様子。

…えっ、すごい、すごい
ジャニーズWESTってめちゃくちゃかっこよくない!!??
まだ全員の顔と名前も一致してないのに感動しすぎてちょっと泣いた。

それからというもの毎日のようになにわ侍のレポを漁り、関ジュ時代の雑誌や動画を漁り。7人になる前からずっと気になってた淳太くんを推しに。
5月は担当であるA.B.C-Z座長のABC座と、なにわともあれ~を交互に通いつめて。
このときは担降りもすこしだけ考えました。こんな奇跡のグループないって思っていたから。この7人がこれからどんな風に歴史を刻んでいくのか、とてもとても楽しみだったから。
担降りか掛け持ちかそれとも、を決められず悶々としながらA.B.C-ZをそこそこにジャニーズWESTにのめり込んでいく日々が続きました。

それからしばらく。7月のことだったと思います。
ジャニーズWEST主演の舞台「台風n Dreamer」が発表された日です。
いつも通りTwitterでその情報を得た私は「舞台!?やったぜ!行きたい!!」と嬉々としながら詳細を開きました。
読み始めてすぐに感じた違和感。…あれ、なんかおかしい。
……重岡くんが、いない。

後々ドラマ撮影のためとは分かるのですが、当時の私にはそれはそれはショックで。
でも何が1番ショックだったって、6人で舞台をやること、重岡くんがいないことじゃなかった。

ポスターやら公式HPの表記が「ジャニーズWEST主演」だったこと。これがどうしても、どうしても許せなかった。

もちろんWESTが悪いわけじゃない。事務所側や舞台スタッフ側にも色々あるんだと思います。
でもやっぱり“6人”をジャニーズWESTと表現するのが当時の私にはどうしてもショックだったし、全員揃わないなら、私の惚れた“7人”でないなら舞台は行かない、と思いました。

そのショックに比例するようにWESTへの熱は収束していき、関東では数少ない出演番組も録画だけしてなかなか追わなかったり、毎週楽しみにしていたなにわぶ誌も思い出したときたまーに読む程度になっていきました。
そして8月、A.B.C-ZのLegendツアースタートを機にぱったりとWESTを追わなくなり、これまで通りA.B.C-Zの現場に奔走する日々に戻っていったのでした。
これがジャニーズWEST惚れた始まりと終わりの『1度目』です。


2度目は季節をふたつまたいで、2015年5月。初めてWESTのコンサートへ行ったとき。
これは1度目や3度目に比べたらプチブームみたいなものなので詳細に書くほどでもないですが…。
昨年の「台風n Dreamerショック」から半年以上。
WESTが初めてのツアーをやるということで、そろそろまたWEST見たいなあ!と軽い気持ちで初めての横浜アリーナへ。 *2

で、結論から言うとですね
これがもんのすご~~~~~く楽しかったんですよね!!!!!!!

どんなにアイドルがかわいくてかっこよくてもコンサートそのものが良くなければダメ!!というスーパー演出厨なのですが、デビューして1年ちょいの若いグループだからといってなめていた。完全に火傷した。
関西のグループだからお笑い寄りかと思いきや全くそんなことはない。面白いところは面白く、アイドルなところは満点のキラキラに。
「お笑い」と「アイドル」が完璧に共存している。いやむしろ若干アイドル寄りだなってくらい。
実はこのときアルバム曲をほとんど知らないまま行ったのですが、全くもって無問題でした。それくらい丸腰で行ってもとっても魅力的なコンサートでした。
あまりにも楽しすぎてこのときの昼公演終わってから直前まで夜公演のチケット探してました…見つからなかったけど…。

このコンサート直後、熱が冷めやらずしばらくまた出演番組や雑誌を追いかけていましたが、1ヶ月ほどで収束。
リトラなどは変わらずゆるゆる追いかけていましたが、プチブームがあったなくらいの感覚です。
そんな、WESTのコンサートに心打たれた『2度目』でした。


そして今回の3度目、大阪マラソンです。

これはジャニオタなら皆そうなんじゃないかというところあるのですが、好きな子が何かに挑戦する姿が大好きで*3
淳太くん、そして濱田くんと神山くんが大阪マラソンに挑戦するという情報を得たときも、当日が楽しみで仕方ありませんでした。
何より推しである淳太くんが唯一の経験者で、今回のマラソンにおける所謂エース的存在。こんなの楽しみにしないわけがない。
思えばこの時から『3度目』がじわりときていたのかもしれません。でもこのときはマラソンと育ジャニが終われば今までのように自然と元に戻っていくだろうという気持ちがありました。 まあ結果的に今完全に想定外の事態になってるんですけど。

9月25日、大阪マラソン当日。関東住みの私は無論中継なぞ観れないため、Twitterから流れてくるレポをみて楽しむと決めていました。

最初は関西のテレビで流れている中継の画像や、沿道で応援しているWESTファンの方からのレポを見てかっこいいなー!メンバー皆揃ってるんだなー!とにこにこしながら眺めていて。
でも次第に、育ジャニでの罰ゲームのデッドライン4時間を切れないと分かって。 それでも最後まで走り切って、だけど情けなさで泣いてしまう淳太くんがいて。…ああだめだ、これはつらい、好きにならないわけがない。

あくまでもレポで感じたことを書いているので、沿道で応援された方とは捉え方がまた違うかもしれません。
でもにわかファンでありながら、私ジャニーズWESTがデビューしてから淳太くんが涙を流したのは聞いたことも見たこともなかった。
大人なように見えてほんとはもっと子供っぽくて、だけどグループの最年長として、ジャニーズWESTのブレインとして努力してたのも感じていた。
レポだけなので見てもいないけど、そんな淳太くんが泣いてしまった姿にどうしようもなく心が震えて、家でレポを読みながら私がぼろぼろ泣いていました。

淳太くんだけじゃなくて、淳太くんとは正反対に沿道の声援に笑顔で応えて走った濱田くん。1度はドクターストップを受けながらも諦めることなく走り切った神山くん。
それから淳太くんの涙にもらい泣きして泣いちゃう小瀧くんも、重岡くんも照史くんも流星くんも。皆が皆輝いてると思って。
レポを探しているときに、あるファンの方がこんなことを呟いていたのを見ました。『“7人全員で”戦っている』のだと。
もうまさにそうだなって思って。3人だけが走っているんじゃない。きっと他の4人もそれぞれが走っている。


3人全員のゴールレポを見届け、そっとTwitterを閉じて深呼吸をして、思いました。
…やばい、育ジャニ観たら確実に落ちる。

だって確信してしまったのです。あの『1度目』に感じた“7人”は今変わらずここにいるんだって。奇跡だと信じてやまなかったジャニーズWESTというグループに、また奇跡を見せつけられてしまったから。

…困った、これは降参寸前だ。
押し寄せてくる「ジャニーズWESTかっこいい!!」の波が1度目と2度目の比じゃない。
混乱した私が次に取った行動はただひとつだった。アマ○ンで一発めぇコンを注文した。なんてわかりやすい客だ。


それでもまだ「いや育ジャニが放送されるまでは…」と最後の抵抗を残していました。
放送されるまではこの先私の中のWESTの立ち位置は決めないでおこうと。

もちろん育ジャニも観れる地域ではないので完全にTwitter頼り。
当日、「放送開始時間まで起きてたら絶対に寝れなくなる…!」と確信していたので放送前に早々に就寝。

…が、これが不思議なことに、深夜4時に突然目が覚めて寝れなくなったんですよね。

4時に目が覚める→今Twitter観たら朝までコースだ寝る→寝れない→もういいや育ジャニ気になって無理(ここまで30分)

早々に心のブレーキを投げ捨てた私は深夜にTwitterを追いかけてボロ泣きしていたのでした。 完全に白旗宣言。

今までとは違う。
ジャニーズWESTの「これから」を、どんな世界を魅せてくれるのかを追いかけていきたい。1年半経って、初めて心から思いました。

A.B.C-Zから降りるつもりは今のところないし、降りられる気もしていません。
でもこれからA.B.C-ZとともにジャニーズWESTが生活の一部に入ってくる(というかもう大分浸食されている)ことが楽しみです。
とりあえずのところは、掛け持ちで。その先は、変わることがあればいずれ。

ただやっぱり7人のジャニーズWESTが一番大好きだし、誰か1人欠けてもジャニーズWESTじゃないってことは変わらずに思い続けています。
でももしこの先、誰かが欠けた状態でのジャニーズWESTの舞台や何かしらの現場があったとしても、次は足を運ぶつもりです。ジャニーズWESTジャニーズWESTだから。


たくさんの素敵な「物語」を魅せてください。
きっと平坦ではないと思うけれど、どうか7人にしか行くことのできない世界を作り上げられるよう。
心から期待しています。

ツアー、とってもとっても楽しみです!!!!

*1:元嵐担なので

*2:私の人生初横アリはこのパリピポツアーで飾った。まさかの。

*3:塚田くんがSASUKEに出るときは1月以上前から放送を楽しみにしてた